妊活 産み分け

妊活・産み分けも成功!こうして私は女の子を授かりました♪

Sponsored Link




排卵がとまってしまう・・やせすぎや太りすぎに注意

読了までの目安時間:約 5分
0-08

排卵がとまってしまう・・やせすぎや太りすぎに注意

 

女性の体のメカニズムは体重増減に関係があります。

妊活中に、望みながらも意外に忘れられてるのが体重です。

 

目次

体重の大きな増減は排卵障害の原因に・・

 

無理なダイエットで月経が止まった・・そんな経験ありませんか?

 

無理なダイエットによる急激な体重の増減、不規則な食生活や睡眠、激しい運動に過度のストレスから排卵障害の原因になります。

 

女性の場合はホルモン分泌の指令がマヒして命の別状のない卵巣の働きからダメージが出ます。

 

結果、下に書いた状況がおこります。

 

    • 月経不順
    • 排卵障害
    • 無月経
    • 無排卵

 

排卵を起こすための性ホルモンはコレステロールで作られていて、普段は体脂肪の中に蓄積されているからです。

 

 

肥満は生活習慣病をはじめ、万病のもと

 

太りすぎるとすべての生活習慣病になりやすくなると言われています。

 

肥満によって、インスリンというホルモンの働きが悪くなることで糖尿病や動脈硬化などの大きな原因のひとつになるのです。

 

肥満の人は病気になりやすいと言われています。

なので、生活習慣病を予防・改善するために、肥満を解消することがたいせつです。

 

    • 運動不足
    • 不規則な食事
    • 過食
    • ドカ食い
    • 早食い
    • 動物性脂質・糖分・塩分が高い食事
    • アルコールの飲みすぎ

 

排卵がとまってしまう可能性があるので、気を付けなければなりません。

 

無理をして急激に体重を減らすのではなく、運動と軽度の食事制限をして徐々に減らしましょう。

 

 

ホルモンバランスの崩れが月経不順や無月経に・・

 

月経は卵巣から出るエストロゲンの増減によっておこるものです。

 

参考までに

不妊体質改善食事で妊娠率83%アップの妊娠・出産・ガイドブックがおすすめです。

 

 

一度止まってしまったものを元に戻すのは大変・・

 

1年間に5㎏以上の体重減少があると、月経は止りやすくなります。

 

一度失われた排卵・月経周期を簡単に治す薬はありません。

 

体重や体脂肪を戻しても、一度お休みした卵巣の働きは中々再開せず、元どおりに戻すには2~3年くらいかかるケースや、元に戻らないケースもあります。

 

無月経や無排卵が長期にわたると、子宮や卵巣が委縮して昨日が衰えるという深刻な状態になります。

 

ホルモン剤を投与しても、反応しなくなって、月経を起こすことが難しくなります。

 

無排卵ではもちろん赤ちゃんはできません。

 

排卵がとまってしまう・・やせすぎや太りすぎに注意しましょう。



ランキング参加中です>

少しでもお役に立ったと思われた方はクリックをお願い致します♪
クリックありがとうございました♪
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ
にほんブログ村

 

タグ : 

どうして妊娠しないの?と思ったら    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

Sponsored Link