妊活 産み分け

妊活・産み分けも成功!こうして私は女の子を授かりました♪

米を食べれば平熱が36.5度になる?

読了までの目安時間:約 4分
0-95

今の私たちの体温は35度代とか、低いとよく言われいています。私も低い方です。抵抗力が弱く風邪をひきやすいとも、テレビやニュースできいたことないですか?


 

米を食べれば平熱は36.5度になる

021

 

昔の人は、「お米が子づくりの基本」と言いました。

結婚したけど、中々、子どもができないときには、パン食をお米にするといいそうです。

 

パンがどうしていけないのかと言いますと、酵母菌でもイースト菌でも入れると拡散して膨らんでいきます。

外に広がるエネルギーは陰性となので、身体を冷やしてしまうんです。

 

カロリー栄養学中心の食生活を送るようにした妊活中の彼女がいたのですが、2年後に赤ちゃんを授かった例があります。

貧血気味だったのが少しずつ改善されて、体温が安定した頃に妊娠しました。

 

おばあちゃんに、ごはんと味噌汁と煮物と漬物を食べるといいと教えてもらいました。

避けるべきものは、生野菜、果物、甘いもの、ナス科の野菜です。

そして減塩はやめること。でした。

 

卵子と精子の元はと言えば、男性ホルモン、女性ホルモンをつくったのは両親の血液です。

その元というのは食べものなんです。

 

何よりもお米からできた血液が一番と言います。

お米を食べることで人の体温の36.5度の陽性の体温になるそうです。

粘りのある米のでんぷんにおってできた血液は下降して腰に行って、生殖器を温めたり、発育や発達させたりするので順調な生理がやってきます。

 

まずは子供を授かれるからだ作り、子供ができたら健康な赤ちゃんを産めるように両親が正しい食事を心がけなければいけません。

父親は肉を好んで、母親は忙しいからと、自分と子供の朝ごはんをパンと牛乳で過ごしていたら、命はつないでいけないと言えます。

 

 

日本人の歯のつくり

 

日本人の歯は米や野菜が適しているそうです。

うどんやそばや食べ過ぎるとあきるけど、お米はあきませんね。

 

私たちの歯と腸が証明してくれています。

 

32本の歯は

 

    • 白歯・・20本(穀物を噛み潰すための歯)
    • 門歯・・8本(野菜や豆・根菜・海藻を噛む歯)
    • 犬歯・・4本(肉や魚介類を噛み切る歯)

 

で成り立っています。

 

歯の8割が以上が穀類を食べるための白歯なのでよく噛んで食べていれば道理にあった食生活となります。

 

日本人の腸は西洋人よりも長いです。

肉類を食べると、腸の中で腐って便秘や宿便をおこしやすくなって、大腸がんの原因となる可能性もあります。

 

おならも、肉食の人は臭いけれど、穀物菜食に人はあまり臭いません。

たしかにそうですね。女性は特に言えないでしょうか・・

 

毎日、食べる食事と歯の作りにも、日本人にあったものがあって、食生活を見直すことで、妊娠力が高まると言えるのですね。

 

 

 

 



ランキング参加中です>

少しでもお役に立ったと思われた方はクリックをお願い致します♪
クリックありがとうございました♪
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ
にほんブログ村

 

タグ :

どうして妊娠しないの?と思ったら 妊活・夫婦二人の妊娠パワーを高めよう!    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: