妊活 産み分け

妊活・産み分けも成功!こうして私は女の子を授かりました♪

Sponsored Link




人工授精(AIH)いくらかかるの?

読了までの目安時間:約 5分
047

人工授精(AIH)いくらかかるの?

人工授精は自費なのできになるところですね。

 

目次

人工授精は自費(1~2万円)目安

 

人工授精1回あたりの治療費は3000円~25000円台までと幅広いことが分かっています。

内訳ですが、公立病院の多くは人工授精の治療費が安い傾向にありますが、不妊専門のクリニック・・他の施設は高めになっています。

 

一般的に人工授精の費用は精子洗浄やスイムアップの技術を含めて1~2万円が目安です。

 

 

投薬や注射、排卵予測検査には一部保険の適用

 

人工授精は体外受精同様に保険適用が認められていません。

人工授精のために必要な治療はすべて適用外となるところですが、排卵誘発剤を使った治療などは保険が適用されているというのが現状です。

 

人工授精の手技料に、超音波検査・排卵誘発剤・人工授精後の抗生剤や黄体ホルモン補充のための薬の費用がかかります。

 

1周期の平均額は約2万円です。

 

 

人工授精1年間の不妊治療費用は20万円くらい

 

人工授精にかかる治療費は毎月の収入内からやりくりする方が多いようです。

年間治療費は20万円程の人が多く、次に30万円までと続きます。

 

月額にすると1~2万円、年額にして20万円~30万円を超えると経済的負担感がぐんとアップするようです。

ここまでが大きな負担を感じなくてもすむボーダーラインと言えそうです。

 

(例)治療をはじめて半年のAさんは子宮卵管造影検査で卵管が詰まりぎみであることが分かりました。

人工授精にステップアップしました。

高プロラクチン血症の投薬治療もうけています。

 

今のところ、それほど経済的に負担を感じているとまではいかないのですが、今後、人工授精から体外受精などにステップアップする時期については主人とも相談しているそうです。

 

やはり不妊治療費の捻出先が悩みどころです。

 

 

人工授精1周期いくらかかった?

 

ケース1

 

不妊専門クリニック(3割負担) Bさんの場合

 

    • 内診・超音波検査(1回目)1870円
    • 内診・超音波検査(2回目)2100円
    • hMG注射470円
    • 人工授精7350円
    • 黄体ホルモン剤注射ほか620円
    • 黒ミッド・プレマリン680円
    • ヂュファストン10日分ほか1000円

 

合計14090円

 

ケース2

不妊専門クリニック(3割負担)

 

    • hMG注射570円
    • 超音波検査(1回目)2300円
    • 超音波検査(2回目)2300円
    • 漢方薬+人工授精後の抗生剤3075円
    • 人工受精16265円
    • 超音波検査(3回目)2300円
    • ヂュファストン12日分ほか450円
    • 黄体ホルモン剤注射1回570円

 

合計27830円

 

人工授精に費用は自費になります。

上のケースでは、その他の治療については保険が適用されます。

 

必要なら受ける検査もあります。

 

費用の目安です。

 

    • 腹腔鏡検査10~15万
    • 子宮鏡検査1万
    • 抗精子抗体検査7000円

 

 

 

 

 

 



ランキング参加中です>

少しでもお役に立ったと思われた方はクリックをお願い致します♪
クリックありがとうございました♪
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ
にほんブログ村

 

タグ : 

よく分かる、タイミング法と人工授精 不妊治療にかかる費用    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

Sponsored Link