妊活 産み分け

妊活・産み分けも成功!こうして私は女の子を授かりました♪

不妊治療の初診は生理後がいいの?

読了までの目安時間:約 4分
0-07

不妊治療の初診は生理後がいいの?

 

 

今月下旬から生理の予定なのですが、生理が終わってから病院に行く方がいいのでしょうか?


目次

 

不妊治療の初診は生理後がいいの?

不妊治療・受診のタイミングはいつでもいいと思います。

 

経験で言いますと、ちょうど生理から11日目の受診だったので排卵があるということで、排卵前の状態を診てもらえました。

 

病院によっては、希望の日やすぐに予約をとれるとは限らないので初診での受診はいつでもいいでしょう。

治療がはじまれば、「生理開始から○日~○日目に受診してください」というぐあいに、指示されることが多いです。

不妊治療初診でやったこと

問診票への記入(夫婦の年齢・結婚年数・子供を希望してからの年数・過去の病気・これまでの不妊治療経験の有り無し・どこまでの不妊治療を考えているか・・などでした。

 

    • 内診(子宮に異常がないか)
    • 血液検査(ホルモン検査)
    • 初診のときに夫も一緒の場合
    • 精液検査の説明がありました。

精液検査でこれだけのことが分かる

 

精液検査は自宅で採取して当日持っていく方法と病院で採取して提出する方法が選べます。
自宅で採取する方法を選んだ場合は、初診のときに採取に必要な容器を渡してもらって、「都合がいい日の午前中に持ってきてください」とのことでした。

 

一般的には

    • 一通りの件さ
    • タイミング法
    • 人工授精
    • 体外受精
    • 顕微授精

 

の順番に治療をすすめていきます。

初診でかかったお金に関して

初診で払った金額は7000円でした。
そのうち保険適用が(4800円程)

残りの2200円は保険適用外でした。

 

精液検査は約8500円。保険適用(1200円)

 

人工授精は1回23000円でした。

 

不妊治療費については病院によってさまざまです。

 

妊活で気になる不妊治療費・素朴な疑問

初診の際に準備しておくもの

    • 夫婦の保険証(精液検査・投薬の際に必要)
    • 基礎体温表(最低1か月)
    • これまでの治療経過(簡単なメモなどでよい)

 

基礎体温については「3か月分」と指示されているところが多いようです。
妊娠タイミング・できるだけ正確な排卵日を知ることが第1歩

 

私は自分で把握している排卵日数日前に診察に行きました。
最初から人工授精はありえないので初月はタイミング法になると思います。

 

生理前だと月に1度しかない排卵時期を逃してしまうので、できるだけ早い、排卵日の数日前の初診がいいという声もあります。

 



ランキング参加中です>

少しでもお役に立ったと思われた方はクリックをお願い致します♪
クリックありがとうございました♪
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ
にほんブログ村

 

タグ :

妊活・まずは検査を受けてみよう    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: