妊活 産み分け

妊活・産み分けも成功!こうして私は女の子を授かりました♪

Sponsored Link




妊活ではからだや暮らしで陰と陽を感じよう!

読了までの目安時間:約 6分
0-31

この世の中、陰と陽という言葉で表すものが多いです。妊活においても、妊娠中、産み分けについても、関係しているので、調べてみました。

 

この世にすべて陰陽が存在する

 

古くから東洋では「この世のすべてに陰陽が存在する」と考えらています。

 

陰性がいいことで陽性が悪いことというわけではなく、大事なのはバランスです。

陰性にも偏らず、陽性にも偏らず、真ん中の状態がいいということです。

 

天と地が交わって万物を生み、男(陽性)女(陰性)が交わって子供を産むというように。あらゆるものに陰と陽が関わっています。

 

私、この話を聞いたときに、なるほど~よく考えられてるなぁと思いました。

夜泣きをするこは陰でしない子は陽とかね、このあたりは、のちほど詳しく書きますね。

 

さままざな陰陽のたとえ

 

0-21

    • 季節で言えば、秋と冬が(陰)春と夏は(陽)
    • 一日は夜が陰で朝が陽
    • 眠りが陰で目覚めが陽
    • 曇りや雨、雪の日が陰で天気がいい日は陽
    • 月は陰で太陽は陽
    • 死は陰で誕生は陽
    • 老人は陰で子供は陽

 

人間の性格にも陰と陽と別れていて、楽観的で明るい人は陽性、物事を深く考える人は陰性となります。

喧嘩しても、陽性の人間はすぐに仲直りします。

 

もう一度、言いますが、陽がよくて陰が悪いということではありません。
どちらにも偏りすぎずに、バランスが大事なのです。

 

現在の日本人のほとんどが陰性人間だと考えられています。

 

 

子宮が冷え切っている原因で考えらえること

 

    • 生理痛がひどい
    • 貧血
    • 冷え性
    • 不妊症


は子宮が冷えきっている人です。

 

    • 砂糖系の菓子
    • 果物
    • 生野菜
    • ナス科の野菜
    • 減塩の食べ物
    • 牛乳やヨーグルトなどの乳製品
    • パン
    • アイスクリーム
    • コーヒー
    • アルコール類

 

毎日、好んで食べているのでは?

 

特に妊活中で、子供が欲しい女性は、これらの食べ物に食品に注意が必要です。

 

からだを温める食品は「陽性食品」

適度に

食べて冷え解消を目指すといいです。

 

基本的に動物性の食品はすべて陽性です。

豚肉、牛肉、鶏肉、魚、貝類は程度の差があってもすべて陽性です。

 

からだを冷やす食品は「陰性食品」

過食は冷え性を招くので、冷え性の方は控え気味に。

 

陰性食品を食べると人は心身が落ち着いて、こころ静かに安静になっていきます。

 

「中性食品」について

 

陽性食品でもなく、陰性食品でもないものです。

 

    • 玄米
    • きび
    • ひえ

 

などがあります。

 

私たちの主食である米は陰と陽のバランスがとれた食品に各当します。

 

陰の食物に熱(陽)を加えると中庸(かたよることなく常にかわらないこと)と変化するのでOKです。

例えば、陰性食品の生野菜に熱(陽)を加えると中性食品となります。

 

妊活していたり、普段は仕事に行って、生活していても、知らなかったことを知るのは、面白いですね。

役立つことだったらなおさらいいですしね♪

 

 

 

 

 



ランキング参加中です>

少しでもお役に立ったと思われた方はクリックをお願い致します♪
クリックありがとうございました♪
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ
にほんブログ村

 

妊活・夫婦二人の妊娠パワーを高めよう! 妊活中・からだにいい食べ物・レシピ 子宮について    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

Sponsored Link