妊活 産み分け

妊活・産み分けも成功!こうして私は女の子を授かりました♪

Sponsored Link




排卵のサイクル・排卵と月経周期について

読了までの目安時間:約 5分
0-29

排卵のサイクル・排卵と月経周期について

 

女性なら、私もですが誰もが一度は月経をわずらわしいと思った経験ありますよね!?

でも毎月、月経があることは女性の体が赤ちゃんを妊娠する上で一番大事なことです。

妊娠の鍵を握る排卵のサイクル

ha_167

 

原子卵胞が成長をはじめるのは月経の終わるころです。

卵胞刺激ホルモン(FSH)によって卵巣内で20個ほどの原子卵胞が成長します。

 

しかし、実際に排卵できるのは、この中で一番大きく育った1つだけです。

この卵胞を主席卵胞とよびます。

 

2センチほどに成長した主席卵胞はエストロゲン(卵胞ホルモン)を分泌

これを受けた脳下垂体(LH)の黄体化ホルモンを大量放出を起こす

脳下垂体(LH)によって排卵を促された卵胞は卵巣の外皮を破って腹腔内に押し出されると同時に破裂する

中々から卵子が飛び出す

これが排卵

排卵後は黄体に変化した卵胞が黄体ホルモンを分泌する

子宮は血液のベッドで子宮内膜を厚くして受精卵を待つ

受精しなければ卵子は死んで排卵から2週間で子宮内膜もばがれ落ちる

これが月経

 

 

排卵は環境に大きく関係する

 

不規則な生活が続いたり精神的に不安になったりすると月経が遅れたり反対に2回きたりということがよくあります。

これは排卵のサイクルが乱れてるということです。

 

これでは妊活していたり、産み分けや妊娠を希望することが難しくなります。

 

排卵日を特定するのが大事なことですので、妊活していたり、産み分けや妊娠を希望するなら、まずは健康的な生活を心がけるようにしましょうね♪

 

 

受精日の逆算法

 

受精から出産までの妊娠期間は、個人差はありますが、ほぼ一定です。

この期間を逆算すれば赤ちゃんが生まれてくる月を選ぶことができます。

 

赤ちゃんの産み分けのほかにも、誕生月を選びたいという人も多くいます。

これをかなえるために、逆算法をしてみましょう。

 

受精から出産までの妊娠期間はだいたい8か月と23日といわれています。

 

希望の誕生月から妊娠期間を引いた時期が受精のタイミングとなります。

 

逆算するときは希望月の半ば、15日くらいに設定して計算するといいですよ。

妊娠期間は人によっても異なって、ずれが生じることもあります。

あくまで目安で逆算法を覚えておくといいですね。

 

逆算法

 

生みたい月-妊娠期間=受精にふさわしい時期

 

10月生まれの赤ちゃんがほしい場合

(例)生みたい月(10/15)-妊娠期間(8か月と23日)=受精にふさわしい時期(1月23日)

 

3月生まれの赤ちゃんがほしい場合

(例)生みたい月(3/15)-妊娠期間(8か月と23日)=受精にふさわしい時期(6月22日)

 

排卵サイクルと逆算法、参考になさってくださいね♪

 

産み分けていいの?産み分けの仕組み

 

 

 

 

 

 

 



ランキング参加中です>

少しでもお役に立ったと思われた方はクリックをお願い致します♪
クリックありがとうございました♪
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ
にほんブログ村

 

タグ : 

産み分けの基本    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

Sponsored Link