妊活 産み分け

妊活・産み分けも成功!こうして私は女の子を授かりました♪

排卵日を特定して産み分け・自然に近いうみわけにのぞもう

読了までの目安時間:約 5分
0-47

排卵日を特定して産み分け・自然に近いうみわけにのぞもう   誰にでもできるの?と気になりますね。 産み分けのポイントは精子の違いに違いがあると言えます。

  目次  

排卵日を特定して産み分け・誰にでもできるの?

産み分けの方法は昔から望まれることが多かったのですが、科学的に立証されたのが今から 40年程前のことなのです。

 

ドクター・シュトルズの研究で女の子と男の子の違いがx精子とY精子にあることが分かったのです。

 

結果てきに  

x精子と卵子が結合すると女の子
Y精子が卵子と結合すると男の子
  ができることが判明しました。

 

x精子とYせいしのどちらかが一方が受精しやすくなる状況を作り出せば、産み分けの確率をあげられることが分かりました。

 

 

健康な体を維持して自然療法を実践!

産み分け方法にはほかにも  

    • 膣内洗浄法
    • 産み分けゼリーを行為の時に利用する
    • 食事療法
    • カルシウム錠剤服用法
    • 基礎体温法

  などがあります。

 

これらは、体内に異物を挿入するような方法は人体に負担がかかるのであまり おすすめできません。

 

これらに頼る前に、できるだけ「自然」な状態に近い方法で産み分けを実践したいものですね。

 

一番、大事なことは  

健康な体である!!

  ということです。

 

産み分けを成功させるためには、排卵日を特定することが必要になります。

これらには基礎体温表と呼ばれる、毎日の体温の変化を記録したものを利用することになります。

 

ストレスや病気など、からだのリズムがくずれてしまうと、正しい排卵日を予測するのが 難しくなります。   日頃から健康的な生活を送ることを心がけましょうね♪

産み分けを実践すると成功率はどれくらい?

もともと女の子と男の子が生まれる確率は50%ですが、妊娠のしくみをしっかりと理解すれば、産み分けの成功率は60%となります。

 

最先端医療をりようした場合の産み分けの成功率は病院でタイミング法など、排卵日を特定する指導を受けた場合の成功率は70%前後までアップします。

 

これよりも高い成功率を得るには、人工授精が有効です。 産み分けの成功率は80%~90%くらいにあがります。

 

現実には人工授精による産み分けを実践している病院は多くありません。 人工授精自体の妊娠率も高いとは言えません。

 

費用もかかることなのでご夫婦で充分に話し合って検討してからのぞむようにしてくださいね。

 

もし産み分け法を実践しなくても、ほしい性別の子供が生まれたという人もいます。

 

一方で産み分けにチャレンジしたけれど、望む性別の子供を授かることができななかった人がいるのも事実です。

 

忘れてはならないのは、成功しても成功しなくても、夫婦二人の大切な子供に変わりないということです。 どちらの性別の子供を授かっても愛情と責任を持って育てましょう。

 

新しい形の潤滑ゼリー【ハローベビーゼリー】



ランキング参加中です>

少しでもお役に立ったと思われた方はクリックをお願い致します♪
クリックありがとうございました♪
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ
にほんブログ村

 

タグ :  

産み分けの基本    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: