妊活 産み分け

妊活・産み分けも成功!こうして私は女の子を授かりました♪

Sponsored Link




海外の産み分け事情・中国では99%の確率で産み分け成功!?

読了までの目安時間:約 4分
0-70

今、産み分けは、最先端技術によて海外でも様々な方法があります。

着床前診断

ha_141

精子が卵子にたどりついて、受精したら卵割がはじまって、杯になります。

これが子宮内膜に達してお母さんとの間に胎盤ができることを着床と言います。

 

着床前の受精卵を検査することを着床前の受精卵を検査することを着床前診断と言います。

 

着床前診断で分かること・できること

 

子供が特定の遺伝子疾患にかかることをふせぐことができる

性の選択(産み分け)をすることができる

 

遺伝子異常の発見と性選択(産み分け)はほぼ100%の成功率と言われています。

 

着床前の特徴は大きく分けて3つ!
    • 性診断(X染色体Y染色体の有無をチェックして杯が男か女かを決定できる)
    • 染色体異常の発見(胚が正常な染色体数を持っているかどうかを確認できる)
    • 単一の遺伝子に影響を及ぼすとされる特定の異常を検索することができる


これらを特定するために様々な胚細胞生検が行われます。

 

例えば卵割期生検でぇあ杯の性別がわかるだけでなく、遺伝子構成に関する情報も調べることができます。

 

 

着床前診断は一部の患者に適用される

 

胚にかかわる検査をすることによって、遺伝子の異常や発見、性選択(産み分け)ができるだけではなくて妊娠率も高くなります。

自然流産や染色体異常などからくる流産や染色体異常からくる流産の頻度をさげることにつながります。

 

着床前診断は、不育症などに悩むカップルが体外受精したときなど、ごくわずかな患者さんに使われています。

 

性別の産み分けが高確率(100%に近い)でできるので、倫理的に問題とされています。

 

 

中国では99%の確率で産み分け成功!?

 

中国の男女産み分け表、今から700年以上前に作成されたものです。当時の王家の墓より、産み分け表が発見されました。

 

うみわけカレンダー

産み分け表の使い方

 

年齢は“数え年”で、受胎日は“旧暦”で計算してくださいね。

 

※数え年とは
生まれた時を1歳として、1月1日ごとに1歳をプラスします。
その年に誕生日を迎えていない•••満年齢+2歳
すでにその年に誕生日を迎えた•••満年齢+1歳
となります。

※旧暦とは
太陰太陽暦(旧暦)は1年を354日とする考え方です。計算が非常に難しいので、インターネットでも旧暦カレンダーや、自動計算ツールがありますので、ご参考ください。

 

例えば、数え年31歳の方が、旧暦12月に受胎した場合は、男の子が生まれる確率が高い、ということになります。
この産み分け表は、現在も中国で広く使われていますが、あくまでも昔の統計を元にした結果なので、参考程度に使うといいかと思います。

 



ランキング参加中です>

少しでもお役に立ったと思われた方はクリックをお願い致します♪
クリックありがとうございました♪
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ
にほんブログ村

 

タグ :  

産み分けの基本    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

Sponsored Link