妊活 産み分け

妊活・産み分けも成功!こうして私は女の子を授かりました♪

産み分けを希望することは自然の感情

読了までの目安時間:約 4分
050

産み分けを希望することは自然の感情

 

赤ちゃん何人ほしい?と聞かれて、サッカーチームができるくらいほしいと会話をしたことのあるご夫婦も多いのではないのでしょうか。

 

しかし生まれてきた子が全員男の子だったとしたら、それは少し困りますね。

 

ちょっとした工夫で、女の子と男の子の産み分けができうならやってみたいというのが多くの方ののぞみででしょう。

 

 

目次

 

産み分けは親としての自然なのぞみ

 

妊娠が分かったときにみなさんは何を思いましたか?

「元気に生まれてきてほしい」というのが一番ですね!

 

そして、生まれてくるのは「男の子?女の子?」と思うことでしょう。

 

たった2種類しかない性別に対して、親はさまざまな願いをたくしています。

 

不妊治療をとおして、沢山の患者さんとお話しをしたときに思いました。

「性別を希望するのは親として自然の感情なんだ」と。

 

大昔から産み分けに関するさまざまな迷信があります。

 

それだけ人は産み分けに関心があったということでしょうね。

 

古代の産み分け法ってご存知ですか?

 

古代ギリシャの哲学者のアリストテレスも産み分け法をしていました。

その方法は、右の精巣をしばって行為すれば男の子ができるというものでした。

古代から産み分けの希望があったのですね。

 

本当に産み分けをしていいの?

 

本当に産み分けをしていいの?

と不安に思う方もいると思います。

 

性別を選ぶなんて自然の法則に逆らうのはよくないと。

 

しかし、産み分けは決して、悪いことではありません。

 

「希望の性別の子供がほしい」と願う親の気持ちも自然なものだからです。

 

覚えておいてほしいことは、男女産み分け法は、あくまでも希望する人にのみ行うものであるということです。

 

最近では女の子を希望する声を多く聞きますが、男の子を希望するご夫婦も沢山います。

家族構成や理想の家族など夢や希望を抱くことは自然なものです。

 

わずかな工夫を加えることで夢が叶うなら実行してみるのも悪くありませんね。

 

 

産み分けをしたら男女比ひ偏りがでるの?

 

国や生まれる季節によって割合は若干変化しますが、基本的に人間の男女比は男105女100に保たれます。

 

産み分けによって男女比がくずれるのではないかと心配の声もありますが、何千万といる夫婦の中で産み分けをする人はごくわずかなので性比のバランスには栄光ありません。


 



ランキング参加中です>

少しでもお役に立ったと思われた方はクリックをお願い致します♪
クリックありがとうございました♪
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ
にほんブログ村

 

タグ :

産み分けの基本    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: