妊活 産み分け

妊活・産み分けも成功!こうして私は女の子を授かりました♪

赤ちゃんの性別はいつ決まる?

読了までの目安時間:約 5分
034

赤ちゃんの性別が決めるのはいつなのでしょう。

今回は性染色体について学びたいと思います。

目次

性別を決める常染色体と性染色体について

 

人間はひとつの細胞の中に、両親から受け継いだふたつ1組の染色体を23組持っています。

肌の色や顔の形などの個体差は遺伝子であるこの染色体によって決められています。

その半分を母親からもう半分は父親から受け継いでいます。

 

親や兄弟が似るのはそのためです。

 

人間の23組の染色体のうち

 

22組までは常染色体対となる2本は大きさも形も同じです。
男性も女性も変わりません。

 

残る1組は性染色体と呼ばれいます。

 

性染色体には2種類あります。

 

    • X染色体
    • Y染色体


    • XXの場合は女
    • XYの場合は男

 

のように性染色体の組み合わせによって決まります。

 

受精の瞬間に性別が決まる

 

卵子と精子は染色体を23本ずつもっていて、受精することで23組の染色体がそろいます。

 

    • 卵子がもつ性染色体はX
    • 精子がもつ性染色体はY

 

これの2種類が存在します。

 

受精卵はXXとなるので、女の子
Y精子が受精したらXYとなって男の子

 

となります。

 

精子の染色体が2種類あるのに対して、卵子はX染色体をもつ1種類のみです。

どちらの精子が先に受精するのかで赤ちゃんの性別は決まるのです。

 

X精子は酸性に強く、Y精子はアルカリ性に強いという性質があるので、産み分けを希望する場合には、ゼリーなどで腟内のpHを調整する方法などがよく行われています。

 

染色体異常とは

 

染色体の形は本数に異常があることを染色体異常といいます。

ダウン症候群・ターナー症候群などがそれにあたります。

 

赤ちゃんの性別は受精する段階で決まっています。

性別を確認できるのは早くて妊娠16週ごろから可能です。

確認がしやすいのは妊娠24週前後だと言われています。

 

 

産み分けについて

 

X精子は酸性に強く、Y精子はアルカリ性に強いという性質があるので、産み分けを希望する場合には、ゼリーなどで腟内のpHを調整する方法などがよく行われています

 

子宮内は通常弱酸性です。行為中にぬれている状態はアルカリ性に変化しています。

染色体は、♀が酸性に強いです。

 

♂がアルカリ性に強いので、女性があまり感じていない状態で射精すると、酸に弱い♂の精子が先に泳ぐのをやめます。(つまり、♀の精子が卵まで泳ぐ)

 

女性が(すごく)ぬれている状態で射精すると、アルカリに強い♂が泳ぎます。

 

男の子が欲しければ、子宮内をできるだけアルカリにして。

女の子がほしければ、子宮内が酸性の間に射精すれば、産み分けの確率は高いと言えるのでしょう。

妊活カップル応援潤滑ゼリー【ハローベビーゼリー】



ランキング参加中です>

少しでもお役に立ったと思われた方はクリックをお願い致します♪
クリックありがとうございました♪
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ
にほんブログ村

 

タグ :  

産み分けの基本    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: