妊活 産み分け

妊活・産み分けも成功!こうして私は女の子を授かりました♪

高齢出産・少子化・晩婚化で産み分けても大丈夫?

読了までの目安時間:約 4分
0-44

高齢出産・少子化・晩婚化で産み分けても大丈夫?

 

今のライフスタイルにも大きな影響を受けていると言えます。

不妊治療の知識が産み分けの大きな力になります。

 

目次

 

高齢出産・少子化・晩婚化で産み分けても大丈夫?

 

不妊治療の現場で培った知識が男女の産み分けに大きな力となるのではと、不妊専門医の方が話されています。

高齢出産だからこを、男のが欲しい・女の子が欲しいとなるのではないのでしょうか。

 

もう一人しか産めないかもしれない・・高齢出産だからこそ希望する性別の子供が欲しいと思うのもひとつの形でしょう。

 

現代社会と産み分けの選択の理由

    • 不妊症の克服
    • 高齢出産
    • はじめから子供はひとりだけ
    • 二人目行こうで選択したい
    • 自然ののぞみ
    • 家の跡継ぎになど家庭の事情

 

これもライフスタイルが変化してきたゆえです。

 

 

不妊の現場から見えてきた産み分け法

 

不妊症とは

 

    • 結婚してから避妊をしないで性生活を送っていて2年以上経っても妊娠しない状態
    • 妊娠しにくい状態

 

をいいます。

 

不妊症の原因をつきとめるのはとても難しいのです。

 

そして妊娠の過程を一から調べていきます。

 

こうして一人の患者さんの状態を長く見ていると体のリズムがわかってきて、女の子が生まれやすい時期とか男の子がうまれやすい時期が、不妊専門医の先生には、みえてくるのです。

 

 

晩婚化の傾向について

 

平成17年の総務省の国勢調査によると、

 

    • 25~29歳の女性の未婚率は59.0%
    • 30~34歳の男性の未婚率は47.1%


であることが分かっています。

 

男女ともに晩婚化がすすんでいます。

 

高齢出産が多い理由です。

 

 

産み分けの純粋な願い

 

最近では高齢出産などで、不妊治療を受ける人が産み分けを希望することが多くなってきています。

 

なかには不妊症の人は産み分けるべきではないという意見もありますが、晩婚化の影響で、高齢出産のケースもありますし、「もう一人しかうめないかもしれない」という気持ちから、男の子が欲しい・女の子が欲しいと思う気持ちは、自然なことなのです。

 

 



 

 

 

 

 

 



ランキング参加中です>

少しでもお役に立ったと思われた方はクリックをお願い致します♪
クリックありがとうございました♪
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ
にほんブログ村

 

タグ :  

産み分けの基本    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: