妊活 産み分け

妊活・産み分けも成功!こうして私は女の子を授かりました♪

高齢出産・産み分けでの問題は?

読了までの目安時間:約 5分
0-76

夫が高齢になるのだけれど産み分けの問題は?夫が協力的じゃない・・この点についてお話しますね。夫に関する問題点です。

夫が産み分けに協力的ではないときには

0-29

 

妊娠して子供を授かるというのは、高齢出産であったり、そうでない色んな問題を解決していくためには、信頼関係が大事です。

 

どうにか説得してみましょう!

 

高齢な夫が出産や産み分けに反対しているのに、あなただけの意見で押し進めると夫婦関係に亀裂が入るかもしれないです。

 

高齢出産・産み分けにも、時間をかけても主人にも納得してもらうことが大事です。

 

夫にいくら説得をしようとしても、高齢出産・産み分けや理解を得られない場合は、別の方法もあります。

 

産み分けに不都合な日に求められたら、体調不良などを理由にやんわりと、断ったり、男の子が欲しい場合は、その前にコーヒーを出してカフェインをとってもらうなど、産み分けとわからない範囲でできることがあります。

 

高齢出産・産み分けを成功させるために、一番大切なのは、お互いの気持ちを大事にするということは忘れないでくださいね。

 

 

夫が高齢なんだけど・・産み分けできるの?

 

高齢になると精子の機能や、造精能力が低下することが問題が生じることもあります。

 

男性も高齢になると、様々な機能が低下していきます。

 

男性の場合、精子の機能や、造精能力が低下することがあります。

女性はもともと卵子をもって生まれてきます。

 

男性は精子を製造しつづけなければなりません。

精子の製造は睾丸で作られています。

高齢になるにつれて睾丸の機能が低下すると、精子の質や量も低下します。

 

また精子の貯まるタンクが一杯になるのに時間がかかります。

それで性欲も減退します。

 

高齢になると性欲が弱くなって、睾丸の中にたまる期間が長くなると、寿命の短いY精子が補充されるようになって、Y精子の割合が増えます。

 

すると男の子が生まれる可能性が高くなるので、女の子を産み分けたい場合に難しくなるという話もあります。

 

産み分け出産に関する迷信?

 

色んな迷信がありますね~本当のところはどうなのでしょう?

 

男の子を授かる迷信

 

    • 偶数日に行為する
    • ピーナッツを食べる
    • 行為前に赤ワインを飲む
    • 女性が男性の右手側に寝る
    • 満月の夜に行為する
    • 行為前に冷たいシャワーを浴びる
    • 深夜12時前に行為をする
    • 男性が酢の物を食べる
    • 夫の下着をブリーフではなくトランクスにする

 

男の子を授かるにはナトリウムとカリウムを多く含んだ食品をとるといいという説がありました。

豆乳や卵の白身、レバーなどです。

 

しかし人間の体には、腎臓や肺などが機能して、常に同じ状態に保たれているので、食事によって、膣内をアルカリ性に変えるということは不可能です。

 

高齢出産・産み分けに関する食生活は迷信と同じように考えたほうがいいようです。

 

ただ、これらを実践してみることで、心が落ち着いたり安心したり、明るい気持ちで産み分けを望める状況が作れるのなら、チャレンジしてみるといいかもしれないですね。



ランキング参加中です>

少しでもお役に立ったと思われた方はクリックをお願い致します♪
クリックありがとうございました♪
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ
にほんブログ村

 

タグ :  

産み分けの基本    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: