妊活 産み分け

妊活・産み分けも成功!こうして私は女の子を授かりました♪

妊活中の豆乳の摂りすぎに要注意!胎児に障害の可能性がある?

読了までの目安時間:約 5分
0-33

妊活はじめたけれど、何が体にいいのだろう?と思ったことありませんか?

豆乳について書きました。

 

<目次>

妊活中はこれを飲んだ方がいいとかあるの?アフリカつばき茶!

妊活中の豆乳の摂りすぎに要注意!胎児に障害の可能性?

 

 

妊活中はこれを飲んだ方がいいとかあるの?

 

011

 

 

妊活中はこれを飲んだ方がいいとかあるの?アフリカつばき茶!

 

ずっと妊活してきて、やっと妊娠できました。不妊治療を2年以上続けてきました。

もう諦めよう・・と思った時に、ルイボスティーも人気だったのですが、アフリカつばき茶を飲みました。

 

アフリカつばき茶の味は紅茶のように美味しいし、あたたかくても冷たくても、飲めるのでよかったです。

体を冷やすのはダメですよ。あったかい方がいいですね。

 

他に健康食品系のお茶も試してみたけれど、美味しくなかったので。

 

アフリカつばき茶を飲んだからと、妊娠するといったわけではありませんが、身体の調子を整えるという点では、役立つと思います。

 

顔のむくみがとれましたよ。飲むのをやめるとむくみが・・って感じなのでもう母と一緒に、7年くらい続けています。

 

変に神経質にならないでくださいね。

 

ストレスなしで過ごすのが一番です。

 

 

妊活中の豆乳の摂りすぎに要注意!胎児に障害の可能性?

 

豆乳は、女性ホルモンと同じ働きをする大豆イソフラボンという成分が有名ですが、この大豆イソフラボンは女性ホルモンの働きと似ているから女性には害がないかというと、そうではありません。
大豆イソフラボンを摂り過ぎてしまうと、胎児の脳の発育、生殖機能といった部分に障害が出てしまうこともあるようです。

 

豆乳の栄養素はイソフラボンです。

豆乳のイソフラボンは高温期に子宮内膜を厚くする効果があります。

美肌になったり、ツヤやハリに恵まれた髪の毛をつくるはたらきもあります。

 

妊娠中は、大豆イソフラボンは一日70g~75gまでなら大丈夫。

 

妊活・妊娠中の豆乳の摂取には色んな情報があります。

 

過剰摂取だけはからだに悪いので、豆乳も摂りすぎには注意してください。

 

元気な赤ちゃんが生まれてきてもらいたいという願いが妊活しているあなたならありますよね。

え?豆乳の摂りすぎで障害児の生まれる可能性があるなんて・・と思いませんでしたか?

 

他にも障害児が生まれるリスクを低くするために妊娠前からとりいれたほうがいいものがあります。それは葉酸です。

 

葉酸はビタミンの1種です。妊娠初期には赤ちゃんにも栄養がいきます。

妊活前から葉酸をとりいれることが重要で、葉酸を充分に摂り入れることで、赤ちゃんの二分脊椎症のリスクは70%~80%低減できると言われています。

 

厚生労働省は成人は、一日の葉酸摂取推奨量を240μg(0.24mg)、妊婦は440μg(0.44mg)、授乳時で340μg(0.34mg)としています。

 

葉酸不足だと、二分脊椎症(にぶんせきついしょう)という赤ちゃんにおこる病気になる可能性があるんです。

葉酸は毎日の食事でとれているのですが、不足している場合がほとんどなんですね。

葉酸が多い食品ベスト5

今はカルシウムや美容成分まで配合された葉酸サプリが手軽に摂取することができるので、利用する人が多いようですね。

 

二分脊椎症は赤ちゃんにおこる病気です。妊活をはじめる前に知りたい3つのポイントとは?

 

 

 



ランキング参加中です>

少しでもお役に立ったと思われた方はクリックをお願い致します♪
クリックありがとうございました♪
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ
にほんブログ村

 

タグ :

妊活・妊娠後に必要な葉酸について 妊活中・からだにいい食べ物・レシピ 産み分けの準備    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: