妊活 産み分け

妊活・産み分けも成功!こうして私は女の子を授かりました♪

Sponsored Link




産み分けの流れ・ステップ1~4

読了までの目安時間:約 4分
012

産み分けする前の心構え、体調管理の基本について理解ができたらいよいよ産み分けの実践です。

産み分けの流れを書きますね。

 

産み分けの流れについて

ha_149

 

産み分け全体の流れです。

 

ステップ1

基礎体温表をつける

基礎体温表をはかって、表にします。そうすることで排卵日をある程度、予測することができます。

 

ステップ2

精子の数を調整する

○精の回数を制限したり、精巣をあたためたりして、X精子とY精子の比率を調整します。

 

ステップ3

行為のしかた

行為のタイミングや体位を工夫することで希望の性にとって有利な環境をつくります。

 

ステップ4

避妊の知識

産み分け行為以外で妊娠してしまう可能性を防ぐために確実な不妊が必要です。

 

 

産み分けの際のポイント

 

基礎体温を正確に計測する。

基礎体温は体が眠っている状態での体温のことで、ホルモンバランスによって変動します。

基礎体温を測ることで、体のサイクルや排卵日が分かります。

 

しっかりと排卵のリズムをつかむことです。

 

妊娠の成立には排卵日と行為のタイミングをあわせることが大事です。

 

わずかなチャンスを狙うために、基礎体温は継続してはかりましょうね。

 

〇子の数の調整

 

    • 禁欲を続けると、精巣はY精子を優先的に量産するので、結果、Y精子の割合が増えます。
    • 頻繁に精子を放出すれば、Y精子とX精子の数は、ほぼ同じになります。
    • 精巣をあたためることで、Y精子の数を減らすことができます。

 

こうして、Y精子とX精子の数をコントロールすることがセックス前に必要となります。

 

 

行為前に注意すること

 

行為する前にY精子とX精子どちらにも有利な環境をつくるかがカギとなります。

そこで気を付けることは

 

    • タイミング
    • 女性の感じ方
    • 挿入の深度

 

の三つです。

 

女の子が欲しい・・・長寿なX精子の特徴をいかして、排卵日の2~3日前に行為する

男の子が欲しい・・・女性が感じる行為で体内をアルカリ性にかたむけて、Y精子が苦手な膣内の道のりを短くするために深めの位置で射精する

 

それぞれのX精子とY精子の特徴に合わせて希望の性が授かるように行為してくださいね。

 

要注意

 

産み分け行為以外で妊娠してしまう可能性をふせぐためには避妊が重要です。

産み分け行為後は確実な避妊や禁欲をしましょう。
⇒新しい笑顔を届けたい。妊活カップルのクチコミから生まれた【ハローベビーゼリー】



ランキング参加中です>

少しでもお役に立ったと思われた方はクリックをお願い致します♪
クリックありがとうございました♪
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ
にほんブログ村

 

タグ :

産み分けの準備    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

Sponsored Link