妊活 産み分け

妊活・産み分けも成功!こうして私は女の子を授かりました♪

Sponsored Link




産み分けと避妊の関係

読了までの目安時間:約 3分
0-31

赤ちゃんがほしいと、行為の回数を増やしたり、体位を工夫してみたりだけでは産み分けは成功しません。

産み分け目的の行為以外では避妊が必要

0-24   産み分けにとって避妊は欠かせないものです。 排卵日と、行為のタイミングを調整するためです。

 

男の子を授かりたい場合・・授かりやすい時期の排卵日当日に行為をする必要がある 排卵日以外の行為で受精してしまうと、産み分けのためにした、その努力がムダになってしまいます。

 

それをふせぐために産み分け以外の行為には避妊具を使うようにしましょう。

 

おすすめの避妊具   コン○ーム   毎回、使い分けができて、コンビニでも買えますし、便利だからです。 コン○ームに穴があいていないかチェックは必要です。

ピルはいつぐらいからやめればいい?

経口避妊具のピルを利用すると、女性の体は妊娠しているのと同じ状態になります。 すると排卵が起きずに、妊娠しないので産み分けはできません。

 

産み分けを決意したらピルの服用はやめる必要があります。

 

体内で普通のホルモン状態に戻るまでには1か月はかかると言われていますので、ピルの服用をやめてから正常な状態になるまでは、産み分けには向いていません。 この期間は、避妊具を使うようにしましょう。

 

産み分けのためにリングは外さないとダメ?

リングは避妊具ですので、外しましょう。

 

リングの役目は、受精卵の着床をふせぐために、子宮内にとりつける器具です。

 

これでは、卵子と精子が受精しても子宮内膜に着床することができずに受精卵は体外に流れます。 なかには、リングをくぐりぬけて、着床する受精卵もあるそうで、この場合はリングが入っていても、妊娠してしまいます。

 

産み分けを目指して、妊娠しやすい状況をつくるにはリングはとってくださいね。

 

ただし、リングが入ったまま妊娠した場合は、途中でとると流産の危険があるのでの

ままにします。

 

 




ランキング参加中です>

少しでもお役に立ったと思われた方はクリックをお願い致します♪
クリックありがとうございました♪
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ
にほんブログ村

 

タグ : 

産み分け中の避妊について    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

Sponsored Link