妊活 産み分け

妊活・産み分けも成功!こうして私は女の子を授かりました♪

精液検査だけでこれだけがわかる!

読了までの目安時間:約 6分
046

男性不妊かも・・と病院を受診したときには、精液検査を受けます。

この精液検査で、分かることを詳しく伝えたいと思います。

 

目次

 

昔はあきらめていた原因もクリアできる時代に!

 

以前は、無精子症などでAID(非配偶者人工授精)か、こどもをあきらめるかの選択しかなかったのです。

現在では技術の進歩で子供を持てる可能性が広がりました。

 

    • 本当に精子がないのか
    • 精液中に出てこれない

 

のかで治療が違ってきます。

 

精子の回収方法や凍結技術なども進んで、ごく少数の精子しかなくても、その中から一個でも精子が回収できれば、顕微授精が可能です。

 

 

乏精子症(ぼうせいししょう)について

 

ちょっと下回るくらにならあまり気にしないで大丈夫です。

 

1mlの精液の中に通常なら1500万個以上存在する精子がそれ以下の場合を乏精子症(ぼうせいししょう)と言います。

 

精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)があるかどうかで治療法が違ってきます。

精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)があるときには手術をするか見極めます。

 

女性が35歳以上の場合には手術と並行して女性も不妊治療をしていくのがよいでしょう。

 

 

重症精子無力症について

 

精液中の中の精子がほとんど動いていないことを重症精子無力症といいます。

 

精子不動症と精子死滅症のふたつの原因があります。

 

    • 精子不動症(精子が動いていない)

精子不動症の場合は、生きている精子を選別して顕微授精を行います。

 

    • 精子死滅症(精子が死んでいて動いていない)

精子死滅症の場合は、数回射〇するとごくわずかに生きている精子が見つかることがあります。

見つからない場合は、精巣を切って、精巣内の精子を取り出して顕微授精をします。

 

精子死滅症でも精巣をきるとほとんどの人に動いている精子が見つかります。

 

 

無精子症について

 

まったく精子が一個も見当たらないのが無精子症です。

患者さんの2割に見られます。

 

無精子症には

閉寒性無精子症(2割)と非閉寒性無精子症(8割)があります。

 

閉寒性無精子症とは精子はつくられているけれど、通り道がふさがれていて精液に精子がまざれない状態をいいます。

 

血中FSHが上昇していて精巣が小さい場合はほとんどが非閉寒性無精子症です。

非閉寒性無精子症の場合は、精子そのものにダメージがあって精子をうまくつくれない状態にあります。

 

現在は精子を探す技術が進んでいます。

 

 

クリプトゾスーパーミアについて

 

精子がごくわずかにあるのがクリプトゾスーパーミアです。
高度乏精子症とも言います。

 

数回の精液検査で、精液中にごくわずかな精子がみつかる人のことです。

 

精子が見つかったときに、精子を凍結しておいて、顕微授精当日に精液中に精子が見つからない場合には凍結した精子を使って顕微授精します。

 

質のいい精子が見つからない場合は顕微鏡下精巣内精子回収法を行います。

この方法で約90%の人に質のいい精子をみつけることができます。

 

 

精液検査ではこれだけのことが分かって、昔はあきらめていた原因もクリアできる時代にきていることには驚きとともに、感謝ですね。

 

 

 

 

 

 



ランキング参加中です>

少しでもお役に立ったと思われた方はクリックをお願い致します♪
クリックありがとうございました♪
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ
にほんブログ村

 

タグ :     

男性不妊について     コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: