妊活 産み分け

妊活・産み分けも成功!こうして私は女の子を授かりました♪

排卵誘発剤の役割は大きく分けて2つ!妊娠の可能性を高める薬です。

読了までの目安時間:約 5分
0-72

妊娠するために絶対に必要なのが正常が排卵です。

一般の不妊治療から高度生殖治療までの、すべての治療段階で使われる、排卵誘発剤について書きますね。

 

目次

 

排卵誘発剤の役割は大きく分けて2つ

 

1・排卵障害のある人に確実に排卵させる

 

不妊原因のひとつで排卵がなかったり、しづらかったりすることを「排卵障害」と言います。

排卵誘発剤はその治療薬として使われます。

 

ホルモンの分泌がうまくいかなくて起こる症状です。

不足しているホルモンを補って排卵や月経を導いて、規則的なホルモン分泌のリズムを取り戻す目的で排卵誘発剤は使われます。

 

黄体機能不全

一般的な月経不順の治療

 

などにも使われます。

 

2・卵の数を増やして、妊娠の可能性を高める

 

不妊治療では排卵がある場合でも、卵の数を増やす、しっかり成熟した卵を確実に排卵させて、妊娠の確率を上げるために排卵誘発剤を使います。

 

 

飲み薬・脳に働きかけるおだやかな効き目の薬

 

排卵誘発剤には注射と飲み薬の2種類があります。

 

飲み薬は自分の力で卵巣が卵巣刺激ホルモンを分泌するように脳に働きかけるものです。

 

卵が育ってませんよ~と脳に錯覚させることで卵胞の発育に必要なホルモン(FSH)の分泌を促します。

 

代表的な排卵誘発剤に使われる飲み薬

 

クロミッド(一般的によくつかわれる白色の錠剤でセキソビットよりっも排卵誘発作用が高い)

 

基本的な使い方は月経5日目から1日1~2錠を5日間服用する。

副作用は頸管粘液の分泌が悪くなり、子宮内膜が薄くなるなど。

頭痛や目のかすみなど・・

多胎率は約5%。

 

セキソビット(白色の錠剤)脳に働いてFSHの分泌を促す(排卵誘発作用は弱め)

 

基本的な使い方は月経5日目から1日6錠(2錠×3回)を5日間服用します。

副作用は少ない

頭痛や目のかすみ、悪心など。多胎率は非常に低い。

 

 

使用する期間はどちらも3カ月~6か月です。

 

タイミング法や人工授精と併用する場合が多いです。

 

これで妊娠しない場合には注射に切りかえての治療となります。

 

注射・卵巣に直接働きかける「卵巣刺激」

 

排卵誘発剤の注射は卵巣に直接、働きかけます。

「卵巣刺激」と言います。

 

おもに体外受精や顕微授精などで複数の卵を育てるために使われます。

 

直接、卵巣に直接働くので、作用が強いの特徴です。

そのために、飲み薬よりも副作用が出やすくなります。

 

治療では副作用の危険を避けるために、採血でホルモン値をはかって、超音波で卵巣の状態を確認してから注射の種類と量が決定します。

 

治療中も検査して、注射の種類と量を調整します。

 

注射には

    • 「フェリング」・・・hMG製剤
    • 「ゴナール」・・・FSH製剤


などがあります。

 

この2種類の違いはLHの量です。

 

 

FSH(卵胞(濾胞)刺激ホルモン)

LH(黄体化(黄体刺激)ホルモン)

 

排卵誘発剤はすべての治療段階で不妊治療の中でもよく使われる薬です。

 



ランキング参加中です>

少しでもお役に立ったと思われた方はクリックをお願い致します♪
クリックありがとうございました♪
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ
にほんブログ村

 

タグ :   

知っておきたい不妊治療で使う薬の話    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: